修理価格 一覧

【コントラバス関連】

​コントラバス本体に関する価格表です

弦高調整

 基本的に即日対応で、オーナーに試奏していだたきながら調整していきます。

5,000円〜

 可能な限り、お持ちいただいた日に、その場で交換できることが理想ですが、最終工程として弦高調整があり、オーナーに試奏していただきながらの調整となりますので、事前に来店のご予約を頂けると幸いです。

​ 価格帯については、解説をご覧ください。

25,000円〜

駒 アジャスター取り付け(真鍮・ブラス)

18,000円

駒 アジャスター取り付け(チタン)

28,000円

魂柱調整

5,000円

魂柱交換

1,8000円

弓 毛替え(コントラバスのみ)

当店では、白毛と黒毛の二種類を取り扱っています。

7,000円

糸巻き交換

 糸巻きの交換の作業工程には幾つかの方法がありますが、『解説のようなもの』では、一番手軽に交換できる方法を紹介させていただいています

50,000円〜

横板 はがれ

 剥がれ(はがれ)の範囲によって、価格が変わってきますので、剥がれが発見された時には、すぐにお越しください。

3,000円〜

指板調整

20,000円

その他

 コントラバスの修理であれば、およその問題は対処できますので、お気軽にご相談ください。

応相談

 

【ベースアンプなどの周辺機器関連】

詳しくは解説をご覧ください。

8,000円〜

詳しくは解説をご覧ください。

応相談

Please reload

​楽器の調整について

  コントラバスを弓で弾く場合、一般的に、弓を動かし始めてから音が出るまでには約0.5秒ほどのタイムラグ(時間差)があるという話を聞いたことがありますが、まぁ・・・自分で演奏してみても、あながち嘘ではない気もします。
 ただ、そういう発音の問題は楽器の個体差以上に、駒の調整の問題が大きいように思います。

 理論的には『駒を薄く(=軽く)すれば発音は早くなる』わけですが、単純に駒を薄くすると、楽器自体の音も薄くなってしまいます。
 特に楽器の発音に大きな影響があるのは駒の先端の厚みです。
 ここを薄くすれば、圧倒的に発音は早くなります。
 ただ、これもまた難しいところで、薄くしすぎると駒に負担が掛かり、駒の寿命を縮めます。

​ 楽器の鳴りにご不満・お悩みの方は、お気軽にご相談ください。