top of page

Valentina Ploy

タイのPOPミュージック その2

 Valentina Ploy イタリア生まれ。

 両親はイタリア人(父)とタイ人(母)。

 

 2017年にタイのオーディション番組に出演。

 そこから2019年にデビュー。

 

 

 初めてValentina Ployを聴いた時、最初、サウンドの美しさに驚きます。

 その後、彼女のヴォーカルのセンスに驚きます。

“……タイって、こんなに最先端な音楽を作っちゃうの?!”

 

 

 当店で常連さんたちとも鑑賞しましたが、その多くが、

“え? これ、タイですか?”

 と言います。

 

 でも、映像を見ると、

“あぁ…タイだ。”

 と、わかります。

 

 

 実は、2017年当時のオーディション番組の映像を観てみると、Valentina Ployは、非常にセンスの良さは感じますが、ここまで上手くない。

 2017年からデビューまでの間に、非常に多くの修練を積み上げてきたことが、よくわかります。

 コメント欄の方には、アコースティックのライブ映像も投稿しておきます。

 

 

 現在の日本のPOPSの世界は〈育てる〉と言う文化が無くなってしまった。

 周囲の大人が、才能のある若者を、しっかりと育てて世に送り出すという、その体力を失ってしまったように思います。

 

 

 現在のタイのPOPミュージックを聴くときに、前回のInk Waruntornもそうですが、しっかりと訓練を受けたということが判るアーティストが多いように思います。

 

 

 この辺りが、現代の日本とタイのPOPS業界の大きな違いのような印象があります。

 

 

 

 ちなみに、私はValentina Ployの楽曲をApple Musicでダウンロードしました。



Comments


bottom of page