Turbo RAT

Turbo RATの電源ジャックを変更する。

 

 その界隈では有名なエフェクター(ディストーション)でもある、Turbo RAT。

 でも、電源のプラグとジャックがミニフォン型というのが、少し使いにくい。

 そこで、一般的なDCジャックを取り付ける。

 『交換』ではなく、電源のケーブルをオリジナルのプラグに差し込んで、エフェクター内部でケーブルを配線する。

 これで、オリジナルを壊さずに、DCジャックを取り付け完了です。