top of page

The Parkinson

【コントラバスのない風景】

タイのPOPミュージック その3

 性転換手術を受けた男の子が、女の子を好きになってしまった…という曲。

 

 The Parkinson というバンドの『Dear Friend(เพื่อนรัก)』という曲です。


 これは映像も楽曲も演奏も、全てが美しかった。

 

 

 私が初めて観た時、綺麗なファルセットだなと思いつつも、

“ん~……ん?”

 と映像に不思議な違和感を感じます。

 その違和感をかき消すように、美しい映像と演奏は続きます。

 

 …で、“ん?……あぁ。”と納得します。

 

 

 The Parkinsonは2014年にデビューで、こちらもヴォーカルとドラムは大学の音楽科を卒業しています。

 

 YouTubeにはThe Parkinsonのライブ映像がいくつも投稿されています。

 それらを見ていると、使用している楽器は基本的に日本でも見ることのあるメーカーの楽器を使用していますが、たまに、見たことのないロゴに気が付きます。

 そのような部分も、非常に興味深く鑑賞することができます。

 コメント欄に、ライブ映像のURLを載せておきます。

 

 

 

 話を戻して。

 この『Dear Friend(เพื่อนรัก)』という楽曲は、The Parkinsonにとって代表的な曲であり、実は、その後を描いた楽曲もあります。

 我が家の女房と、大学生の娘は、

“(曲は非常に美しいが)続編を見ると、さらに気が沈む……。”

 と言っています。

 

 YouTubeの、どこかにあります。

 興味のある方は、探してみてください。


 

 

 私の今一番のお気に入りのタイのPOPミュージックは、The Parkinsonです。


 性転換手術を受けた男の子が、女の子を好きになってしまった…という曲。

 

 The Parkinson というバンドの『Dear Friend(เพื่อนรัก)』という曲です。


 これは映像も楽曲も演奏も、全てが美しかった。

 

 

 私が初めて観た時、綺麗なファルセットだなと思いつつも、

“ん~……ん?”

 と映像に不思議な違和感を感じます。

 その違和感をかき消すように、美しい映像と演奏は続きます。

 

 …で、“ん?……あぁ。”と納得します。

 

 

 The Parkinsonは2014年にデビューで、こちらもヴォーカルとドラムは大学の音楽科を卒業しています。

 

 YouTubeにはThe Parkinsonのライブ映像がいくつも投稿されています。

 それらを見ていると、使用している楽器は基本的に日本でも見ることのあるメーカーの楽器を使用していますが、たまに、見たことのないロゴに気が付きます。

 そのような部分も、非常に興味深く鑑賞することができます。

 コメント欄に、ライブ映像のURLを載せておきます。

 

 

 

 話を戻して。

 この『Dear Friend(เพื่อนรัก)』という楽曲は、The Parkinsonにとって代表的な曲であり、実は、その後を描いた楽曲もあります。

 我が家の女房と、大学生の娘は、

“(曲は非常に美しいが)続編を見ると、さらに気が沈む……。”

 と言っています。

 

 YouTubeの、どこかにあります。

 興味のある方は、探してみてください。




Comentarios


bottom of page