駒の溝の角度

駒の溝の角度を、ほんの少しだけ変えてみた。

 角度にして0.5°ほどだと思われる。

 1°は無い。

 

 想像以上に楽器の音色が変わった。

 

 幾つかの楽器で実験をして、同じ傾向のサウンドの変化が感じられたので、個体差ではないようです。

 

 

 ある程度予測はしていましたが、思った以上効果だったので、もう少し踏み込んだ研究をしてみたいと思います。

 

 コントラバスの調整技術というものは、まだまだ発展していきそうですね。