Alessandro Perini, “Perturbance” for double bass and embedded electronics

『斬新』というべきか、『前衛的』というべきか。  『コントラバスの演奏法の、新たな可能性を見出した。』と評するには、ちょっと新しすぎるかな・・・という演奏でした。