Landscape SWB Artist その6

 ピックアップの話。

 Landscape には、エレキベースと同じ弦の金属振動を誘導電流として音に変換するマグネティック・ピックアップと、アコースティックギターなどに多く使われている、弦(やボディ)の振動を(マイクで)拾い、音に変換するピエゾ・ピックアップの2種類が搭載されています。

 この楽器の大きな特徴は、駒にピエゾ・ピックアップが仕込まれていることです。

 このピックアップは、FISHMAN の製品だそうですが、既製品では存在しないので、オリジナルか、それとも市販されていないだけなのか・・・ちょっと不明です。

 分解して観察してみると、これも色々と改造ができそうです。

 例えば、FISHMAN を取り外して、駒の足の下に REALIST と取り付けるとか、アジャスターを加工してFISHMAN の『Full Circle』や山彦なども取り付けることができそうです。

 そしてそれを本体内蔵のプリアンプに直結させることで、ケーブルのジャックを新設するための加工も必要ありません。

 今回、初めてLandscape という楽器を改造させていただきましたが、オリジナルのままでも優れた楽器ですが、改造もしやすい構造で、それもまた面白いと思いました。