Landscape SWB Artist その2

 ネックの塗装を剥がして、指の滑り(すべり)を改善する。

 Landscape に触れたときに、かなり塗装が厚いように感じたのですが、実際にネックの塗装を剥がしてみると、その塗膜の厚さに驚きました。

 エレキベースなどの塗膜の厚さって・・・こんなもんなのでしょうか??    この改造は、楽器をお預かりするときに少し試奏をさせていただいて、どうもネックの塗装が厚くて指が動かしにくかったので、一度、塗装を剥がしてから、再度、薄くニスを塗ることで滑らかに指が動かせるので、その改良をお薦めさせていただきました。  ネックの部分が完全に無塗装では、汗などの水分を吸ってしまって歪みの原因にもなりかねませんが、だからといって塗膜を厚くしてしまうと、今度はネックに指が吸い付くような感覚になり、弾きにくくなります。


 Landscape を観察していて気がついたことといえば、この楽器のネックの形状は、コントラバスというよりは、エレキベースと同じような構造になっています。

 コントラバスの場合、ハイポジション(高音側=下の方)になるにつれてネックは厚く(太く)なっていきますが、この楽器は上から下まで同じ厚みで作られています。

 だから初めて弾いたときには “んっ?!” と違和感を感じました。

 そのあたりは、慣れが必要そうです。