雑感

 昨年末、実は2021年からは、技術的な解説記事の投稿はやめようと思っていました。〈雑感〉や日常的な話も無く、“新入荷!”という告知のみ。

 実際、その準備期間として、当店のHPのコラムの更新は昨年10月以降止まっていました。


 当店の店名を広めるための役割は充分に果たしたのではないか?

 HPのコラムに保存してある記事だけでも、充分な情報量ではないか?

 と考えたわけです。


 記事を書く労力に比べると、たいして売り上げには貢献していませんし、特にフォロワーが劇的に増えるわけでもない。

 ビジネスモデルとして考えると、非常に非効率的で生産性がない、と言われるかと思われます。

 (いつも、ダラダラ好き勝手に書いているように思われるかもしれませんが、かなり神経を使って文章を構築しています。)



 そのようなことを考えながらも、気がつけば、いつも通りなのですが…。



 何が不満なのかというと、先日の投稿にも書きましたが、コントラバス業界というものが歪んでいる。


 演奏者と職人の関係性が健全ではない。

 もう『負の連鎖』が始まっている状況。


 非常にわかりやすい例が『ウルフトーン』でしょうか。

 先人の演奏家たちがコントラバスのウルフトーンで悩んできた。

 でも職人たちは何も技術で対処をしなかった。

“ウルフキラーをつけましょう。”

“魂柱を少し動かしてみましょう。”

 とやっても〈結果〉は出てこなかった。

 結局、〈結果〉が出せなかったのだから、何もしていないのと同義。


 そのうち、先人の演奏家たちは、自分たちの演奏技術でウルフトーンを対処するようになる。

 すなわち、演奏者がコントラバス職人に期待をしなくなった。


 そして現在、その『ウルフトーンは自らの演奏技術で対処しましょう。』という価値観が、若い世代に〈指導〉という形で受け継がれています。


 だから、多くの若いコントラバス奏者は、コントラバス職人にウルフトーンの解消を求めない。


『弦4本の音色が揃わない』も同じく。

『楽器の響きは演奏技術で得るもの』という価値観も同じく。

『ピックアップを使用した際のサウンドの変化(劣化)に対する対策』が無いのも同じく。


 結局『コントラバス演奏家はコントラバス職人を信用しない』という文化が構築されつつあるという、事実。



 そのような世の中の流れの中で、

“今更、こんな記事は必要か?(需要があるのか?)”

 と、感じるわけですね。



 私は別に、コントラバス業界を牽引しようなんて思っていません。

 そんなことは、意識の高い人がやればいい。

 私は、私の手の届く範囲で、やれば良い。



 …と、まぁ色々と考えていました。

 色々と考えたのですが…気がついたら、年明けの一発目から、いつもと同じような投稿をしてしまったので、継続となりました。



 でもまぁ、当店が開業をしてもうすぐ6年になりますが、当店に来店いただいている演奏家たちとは『コントラバス職人と演奏家の在り方(関係性)』について、日頃から多くの議論ができるようになりました。


 私のFacebookでの投稿から派生して議論になることも多々ありますし、そう考えると、投稿の一定の価値もあるのかな、と感じます。



 でも、あまり期待をしないでください。