手を洗う

手を洗う

手を洗う。  よく手を洗う。    ここ最近の感染予防とは別の話で、私は昔から、よく手を洗います。        オリエンテでの修行時代に、ちょっと仕事(コントラバス製作)が上手くいかない時に、手を洗って気分転換をする。    毎日毎日、楽器を作り続けていると、やはり調子の良い日もあれば、悪い日もあるわけで、本当に調子の悪い日には、何をやっても上手くいく気がしない・・・そんな時もあります。      例えば、表板や裏板の削り出し作業をしていて、『刃物の状態も良い。体調も良い。でも何かが、おかしい・・・。』と感じた時には、手を洗う。    そうやって、一度感覚をリセットして、気分転換をする事で、悪い〈流れ〉を断ち切るわけです。      オリエンテでは休憩時間というものが決まっているので、一応、サボることはできません。一応。  そこで、手を洗うことで、ちょっと息抜きをするわけです。      高い集中力を維持して、精度の高い作業をするには気分転換は重要です。          修行時代には、頭にバンダナを巻いて仕事をしていましたが、それも毎日4枚、休憩時間のたびに交換します。    そして、わりと派手なバンダナを愛用していました。  そこで、気分転換をして集中力を維持します。        実は、いまだにオリエンテのHPには、私の作業姿の写真が載っています。    この写真のバンダナは、インドで作られたもので、当時、非常にお気に入りだったものです。  インドの生地(綿・コットン)って、使い心地が良いものが多いという印象がありますね。  http://www.oriente.jp/about/index.html      そうやって上手く気分転換をしながら、仕事をしていくわけですね。        ここ最近、気がつくと、なんとなく手を洗う回数が増えているような気がします。  石鹸の減り方が、半端ないし・・・。    特に意識しているわけではないですが、やはり無意識ながら、何かが不安定なのでしょう。            ただ、どちらにしても『手を洗うことは良い事。』なのですから、あまり気にしないようにしています。