続・Presto

Prestoの弦といえば、丁度、1年前に当店では初めて紹介させていただきました。  ということは、当店の実験用の楽器に張ってる Presto も、もう1年前に張った弦になります。      『Presto Nylonwound』という弦は、元々はガット弦の音色に近づけた設計になっている、ということですが、実際、新品の張りたての状態では、ガット弦の印象は薄く、『Prestoの音』という、どちらかといえば唯一無二のキャラクターを持つ音色であります。      ところが、しばらく使用していると、元の素材のナイロン特有のカサカサした高音域が削り取られ、全体的に丸みを帯びた音色に変化してきます。  そこからさらに使い込んでいくと、最終的に “あれ? それはガット弦ですか?” というぐらいに、丸くて柔らかい音色に変化していきます。      さらに、この弦の面白いところは、使い込むことで弦の音色が丸く柔らかくなったとしても、音の輪郭が消えてしまうことがありません。    

 当店の常連さんにも愛用いただいていて、プロの現場で弾き込まれたPrestoが調整に来ることもありますが、独特な味わいのある弦に〈成長〉しています。      こちら、常連さんのライブ映像、いわゆるオールド楽器に(すでに使い込まれた)Prestoが使用されています。