ロカビリーとWilson 〈K1〉の組み合わせ。

 ロカビリーを演奏するオーナーから〈K1〉の購入と取り付けの依頼がありました。


〈K1〉を取り付けてから、スラップ奏法で試奏していただきました。

 良い。

 非常に良い。


 ロカビリーのスラップ奏法からは、低音域から高音域まで、複雑な響きのサウンドが得られるわけですが、そのサウンドをピックアップマイクで適切に集音するのは意外と難しい。

 それをWilson 〈K1〉が、過不足なく処理しています。


 特に高音域が秀逸です。




 そして次に、楽器にマグネット式ピックアップも取り付けてみます。

 マグネット式ピックアップで、ピエゾ式ピックアップマイクでは不足している低音(不得意な低音域)を補完します。



 Wilson 〈K1〉とマグネット式ピックアップのサウンドをミックスして、アンプから出力してみます。

 非常にバランスが良い。

 おそらく、Wilson 〈K1〉とマグネット式ピックアップでは、得意な周波数帯が違うので、二つのピックアップの間で特定の周波数帯が被ってしまうという問題も無いようです。




 実際にところ、Wilson 〈K1〉だけでも充分に完結できるだけの能力もあるわけですから、ロカビリーやカントリーなどの音楽にも問題なく対応できそうです。


 非常に興味深い結果を得られました。