ミュートを固定する

ちょっとした裏技。

 演奏で使用しないミュートを固定する。

 クラシック音楽の世界では、コントラバスの駒にミュートを取り付けて演奏するときがあります。

 一般的なゴム製のミュートは、使用しないときは2弦と3弦の間に引っ掛けておくことが多いですが、その場合、演奏中にミュートが共振してノイズが発生することがあります。

 そこで、テールピースにミュートを貼り付けて、固定することで、ノイズの発生を防ぎます。

 作業は簡単、シール式のマジックテープをミュートとテールピースの裏側に貼り付けるだけ。

 これで、ノイズ問題も解決して、見た目にも美しくなるという。