プリアンプを使用した際の音作り

コントラバスにピックアップマイクを搭載させて、ベースアンプから音を出す。


 なかなか悩ましいのが『音作り』という作業。


 当店にご来店いただいたオーナーからも、“コントラバスらしい音の作り方がわからない。” という相談は、多いです。



 そこで、参考に一つ、ご紹介。



 当店オリジナルのプリアンプにはトーン回路が組み込まれています。

 これを搭載させることで、色々な種類のピックアップマイクに対応できる、汎用性を持たせてあります。


 そのトーンの位置(高音域の減衰量)を、どのように決めるかというと、弓を使って試奏して、弓で弾いたとき(アルコ)に一番良い音だと思われるところで、位置を決めます。


 それをそのまま指で弾いてみる(ピチカート)。


 それだけ。

 だいたい、それで決まります。



 実はこれ、他のプリアンプでも応用ができます。

 弓で弾いて、イコライザーの位置を確定して、ピチカートで確認をすると、だいたい、それで決まります。


 いわゆるプリアンプであったり、ベースアンプに内蔵してあるイコライザー(プリアンプ)であったり、おそらく、PAミキサーでも、同じような結果が得られるかと思います。


 ポイントとしては、弓で弾いたときに発生する高音域の倍音(響き)を削り落としすぎないこと(カットしすぎない)。

 この高音域の倍音を落としすぎると、ピチカートで演奏したときに、音の輪郭が失われてしまうようです。





 この方法は、ある程度、弓での演奏技術を習得している前提でのイコライザーの調整方法なので万能ではありませんが…。


 興味のある方は、挑戦してみてください。