ピックアップのノイズ対策

『The Realist』のピックアップのノイズ対策。    この Realist のノイズの問題は、もう何年も前から相談が多く寄せられていて、それは駒の足の下に配置する銅板タイプも、その進化系のウッドタイプも、アジャスターの部分に差し込む Life Line も、同じように、〈ジィ〜〉というノイズが出る。    しかも、新品の時から。    『The Realist』が登場した初期の頃は、Switchcraft社のジャックが採用されていて、その頃はノイズも少なかったし、仮にノイズが出たとしても、分解して修理ができました。    その後、Realistオリジナルのジャックを採用してから、ノイズが酷くなります。  そして分解不可能なので、そのままでは修理できませんでした。

   Realistオリジナルのジャック、金色の金属の部分には、〈はんだ〉が乗りません(付きません)。   “う〜ん、これはメッキを剥がせば、〈はんだ〉が乗るんじゃないかなぁ?” と、少しヤスリで削ってみましたが、〈はんだ〉は乗りませんでした。    フラックスという、〈はんだ〉付け促進剤を使っても、ダメ。    ・・・これは、なんの合金なのでしょう??

     そこで苦肉の策。  思いつきで、ジャック本体の先端のゴムの部分を切り取ります。    すると、そこに銅板が見えます。  その銅板に、アースとなるケーブル(電線)を、〈はんだ〉で付けます。

   見事に、アースに成功です。    これで、あとは弦の方に(余分な電気を)アースで落とし込めば、ノイズ問題は解決できます。          切り落としたジャックは、そのままでは格好悪いので、エポキシの樹脂パテで埋めたり、熱収縮チューブで覆ったり(おおったり)すれば、問題ないかと思います。        これまでは、苦肉の策としてジャックを丸ごと交換して、そこにアースを取り付けていましたが、これなら、手軽に修理対応もできそうです。        なんで、我ながら今まで、この方法を思いつかなかったのでしょうか・・・。