アジャスターの設定

 湿度が上がると、弦高も上がる。

 湿度が下がると、弦高も下がる。

 それを調整する(可変させる)のが、アジャスターという部品。


 本日は、そのアジャスターの話。


 弦高が高いからと言って、アジャスターを最低位置まで下げると、実は楽器の響きは鈍くなります。

 駒の足(下の部分)にアジャスターが触れると、ミュートになってしまいます。





 だから、どんなにアジャスターを下げるにしても、紙1枚分の隙間は確保してください。






 写真3枚目のグラフは、アジャスターを一番下まで下げた状態で、弦4本の解放弦の音を集音したものです。



 さらに写真4枚目は、アジャスターを紙一枚分の隙間を開けた状態で、弦4本の解放弦の音を集音したものです。




 低音域はあまり変化を感じませんが、8kHz付近から上の音が、写真4枚目の方が多く出力されていることが確認できます。

 1kHz付近から上の波形は、写真3枚目よりも4枚目の方が小さくなっています。

 おそらくこれは、不要な共振が少なく抑えられている状態だと思われます。


 このグラフを見たとおり、アジャスターを少し上げておいた方が、中音域の音の暴れは少なく、高音域の倍音を豊かに備えています。

 すなわち『音程感を感じやすい、音抜けの良い音』ということになります。




 弦高が高くなりがちの季節です。

 アジャスターは確かに便利な部品ですが、その特性を理解し、うまく活用していく必要があります。


 アジャスターを目一杯下げても弦高が高く感じるようでしたら、専門店に相談をして、駒自体の弦高を下げてください。