​どう考えても、売り手の責任

 普段、こういうネタは載せないようにしていますが・・・今回はオーナー様の了承を得て、あえて公開させていただきます。

 この楽器は、東京都内の某有名コントラバス専門店で2年ほど前に購入された、いわゆる『オールド』といわれる古い楽器です。

 先日、“どうも、楽器が虫に食われていると思うのですが・・・。”と、ご来店され、相談を受けました。  鏡を使って内部を確認したら、虫食いを確認できたのですが、その時は、それほど大きな穴ではなかったので、 “とりあえず分解してみますが、これぐらいなら対処できると思いますよ。”  と、楽器を受け取り分解したところ・・・・・・この惨状。

“・・・・・・(購入してから)2年で、この惨状は、あり得ない・・・。”  と思わず絶句してしまいました。

 後ろから光を当てると、楽器の中心がステンドグラスのように輝きます・・・・・・。  私がオリエンテでの修行時代、製材前の原木の保管状態での虫食いは大量に見てきました。  オリエンテでは、仕入れた材木は、すぐには使わずに大きな倉庫で3年から5年、長いもので10年以上の自然乾燥を経て、楽器の材料として使用するため、どうしても虫食いは避けられません。  そのため、下働きのような仕事をしていた頃から、虫との戦いは日常で・・・虫嫌いの私にとって、『下働きの一番苦しかったことは?』との質問を受ければ、間違いなく『虫!』と答えるでしょう。  その経験があるだけに、これが、たった2年で形成された虫食い痕(あと)でないことは、断言できます。  間違いなく『虫食いの状態を知らされることなく、購入してしまった』ということになります。

  おそらく、この楽器は現オーナーが購入される前から、現状に近い虫食い状態であったと思われます。  まぁ、販売店側とすれば『これは気がつかなかった。』というのでしょうが、いえ、絶対に気がつきます。  少なくとも、私の修業先であるオリエンテの職人であれば、全員、気がつきます。  もし、この程度のことを気がつけなければ、虫に食い荒らされたオリエンテのコントラバスが、日本中に蔓延(まんえん)しているはずです。

 そして、この楽器、あまりの大穴に驚いたので、オーナーに再度ご来店いただいて、対応を協議させていただきました。  材木というものは、繊維が繋がっていて初めて強度が出ます。この状態では仮に穴を埋めたとしても、強度は保証できません。  目先の2年ほどであれば耐えられるかもしれませんが、5年先となると・・・どうでしょう?  最終的に、表の板を新しく作り変えることになりました。

 さて・・・これが虫食いの状態を知った上で黙って販売したのであれば、あまりに悪質です。  また、虫食いがあるにも関わらず、気がつかずに販売したというのであれば、あまりに軽率です。

 演奏者側に“オールド楽器は、色々とトラブルを抱えている場合があるので、注意しましょう。”などと注意喚起をしても、限界があります。  やはり、販売店側の真摯な姿勢と、オーナーとなる演奏者とのコミュニケーション、信頼関係が重要になってくる・・・と、当たり前の言葉しか・・・出てきません。