あのグリガとWilson

 当店の〈あのグリガ〉にWilson K4とK1を取り付けました。

 これでまたWilsonピックアップの試奏が可能になりました。

 

 

 1ヶ月ぐらい前でしょうか。

“Wilson K4のサウンドが硬すぎて困っています。”

 とういう相談が立て続けに2件ありました。

 

 どちらの楽器も、弦から7mm離れた場所にWilsonが取り付けられていました。(写真 奥・色の濃い駒)



 Wilsonが推奨する取り付け位置は、弦から9mm離れた位置なのですから、7mmというのは異常に弦に近い位置になります。

 

 これでは、本来のWilsonのサウンドは得られません。

 非常に硬質で響きの無い、質の悪いエレキベースのようなサウンドになると思います。

 

 

 

 当店では、弦から10mm離れた位置にWilsonを取り付けています。



 その『10mmの位置に取り付ける』というのも、当店がWilsonの代理店となる前に、Wilson側と議論を重ねて、『10mmの位置に取り付ける』ということに承認をいただいております。

 

 当店の駒の調整方法とWilson K4のサウンドを考えた場合、当店では10mmの位置に取り付けた方が、比較的柔らかくも芯のあるサウンドが得られると判断しました。

 

 

 

 コントラバス専用のピックアップの扱いはWilsonに限らず、本来は、楽器の調整技術と電気的な知識の両方がなければ、適切に取り付けられません。

 そのあたりが、業界全体として、あまり認識されていないように思います。

 

 売るだけであれば、特に知識も技術も要りません。

 ピックアップを取り付けるだけであれば、職人に多少の技術があれば可能です。

 

 ただ、ピックアップマイクを〈音楽〉のための道具として考えた場合、その取り扱いの難易度は一気に跳ね上がります。

 

 

 コントラバス用のピックアップマイクの取り付けというものは、意外と高い技術と知識が要求されます。